フィリピンのお土産何にしよう-定番+喜ばれるお土産

フィリピン旅行、家族はお土産なんていらないっていうけど、何か買って帰りたいというのは人情。フィリピン初、あるいは数回旅行されている方々のお伴をしていて必ず聞かれる質問の一つがお土産。先日もブログでフィリピンのお土産を紹介しましたが、やはり定番を抑えないといけないと思います。

定番のお土産

-食べ物編-

1) ドライマンゴー
酸味がありつつも、南国の果物特有の甘味が癖になるドライマンゴー。50グラムのパックから販売されており、配布用にそしてスーツケースへの収まりの良さからも人気。ブランドは沢山あり、Cebu、あるいは7Dブランドがショッピングモールやお土産店の棚を独占しておりますが、ブランドはかなりの数があります。

いったいどれがおいしいのか、以前食べ比べをしたことがありますが、酸味と甘みのバランスで軍配が上がったのは7Dでした(選定者の主観にすぎませんが)。小さな袋は50~60ペソ(約120円)から、箱では120ペソ(約240円)から購入できます。

2) ポルボロン
チンスコウのような食感で、素朴な味。スペインから来たお菓子でありつつも、フィリピンのお土産として定番になりつつある一品。Goldilcksというスィーツをメインで扱う飲食店ではかわいく包装されたボルボロンがサイズ、値段ともにお手軽です。

近年は、様々なフレーバー(コーヒー味、クッキー&チョコ)があるので、それらが入ったミックスがおススメです。また地方限定ですが、唐辛子味のポルボロンもあります。甘さの後のピリッとした辛さに少々驚きました。

同店ではボルボロンの他 Ensaymadaなども販売、店舗は空港、ターミナル2の待合ロビーにもあるため、お土産を買いそびれてしまった際も対応可。

ポルボロン
Goldilcksのポルボロン


3) ブコケーキ
ココナッツのケーキは、特にラグーナで作られたものが有名です。問題は日持ちがしないのが難点ですが、お土産としてオフィスのお茶の時間に配るのもよし。

その他のおススメ
ホットチョコ用のチョコレートタブレット、フィリピンのインスタント系食品パンシット・カントン、また、スーパーマーケット等で、ローカル菓子を大人買いするのもいいのでは。日本とは異なる味に驚いたり、または共通項を発見したりするかもしれません。

時に、フルーツなどを買って帰りたいという要望がありますが、ほとんどの果物は持って帰ることはできません。パインアップル、ココナッツ、ドリアンなど持ち帰ることが出来る果物でも入国時の税関検査の前に輸入検査を受ける必要があります。植物検疫所ウェブサイトでご確認を。

-食品以外-

1) カピス貝の製品
白く、上品な印象を与えるカピス貝はランプシェードに、キャンドルスタンド、コースターなど相手、鞄のスペースに合わせて製品を選べます。著者のお気に入りはウインドチャイム。上品で美しく、部屋のどのようなインテリアにも合います。
お値段はランプシェードなどは100ペソ~。しかし、とても繊細な製品故に持ち帰る際は壊さぬようにしっかり包装を。

2) ジュースのパックで出来たお弁当バック
ジュースパックでできたカバン
ジュースのパックで出来たバック
ジュースの空きパックをリサイクルして作られたジュースバッグ。ジュースのパックから作られているため、色身も明るめ。バッグの他にも、手帳カバーや、ミニポーチなど種類が豊富です。NGOなどのフェアトレード商品としても人気です。

3) ココナッツの製品
コンディショナーは、少し甘い南国の香りがします。純度の高い調理に使用できるココナッツ・オイルやココナッツ成分の入った石鹸、シャンプー、コンディショナーなども販売されています。著者の髪の毛との相性もよいため、ココナッツのシャンプーやコンディショナーを使用しておりますが、洗った後のしっとり感がよいと思います。

4) パパイヤの石鹸
パパイヤ石けんとは、パパイヤの成分が入った石けんのことです。古くなった角質や老廃 分解する酵素 が含まれている、あるいは美白効果があるなど謳われています。事実のほどはわかりませんが、洗ったあとはさっぱりします。自分用のお土産にもいいかもしれません。お値段は安いもので30ペソから200ペソほど。

パパイヤ石鹸 KOJIK PAPAYA
フィリピンのパパイヤ石鹸、洗った後はさっぱり感があります。




5) Rags2Richesのバックやアクセサリー
Rags2Riches
Rags2Richeのクバオ支店
Rags2Richesはフィリピンのブランド、定番ではありませんが、環境や製造プロセスに配慮した製品を販売しています。デザイナーバック、しかしその製造にはごみ処分場パヤタスのお母さんたちも参加。市場から締め出されがちな社会的に弱い立場の人たちが製造工程に参加することで、エンパワーメントを計ろうとするビジネススタイルです。

マカティのシャングリラホテルのギフトショップ、あるいはPowerplant Mallなどハイエンドな商品やブランドを取り扱うモールにその店舗があります。ハンドバック等は100ドルを超えるものも結構あるものの一つ一つが個性的で、色合いも鮮やかで持っていると気持ちまで明るくなりそうです。

6) Tシャツ
Tシャツでも大きく「フィリピン」などと書かれたものは個人的にはおススメしません。日本ではあまり着れませんから。お土産店では時にスタイリッシュで、色もきれいなTシャツが販売されています。
フィリピンの英雄ホセ・リサールTシャツ、ニノイ・アキノTシャツなどは近頃はおしゃれにデザインされており、人物Tシャツですが、それほど嫌な感じにはなりません。フィリピンの歴史を知る人にはぴったりのギフトではないでしょうか。ちなみに英雄ホセ・リサールのTシャツは近年ますます色んなデザインが出てきましたので、フィリピンの蘊蓄を語りながらお土産を手渡すのも乙だと思います(笑)

購入場所

フィリピンお土産店Kultura
ドライマンゴーやパパイヤの石鹸、ココナッツ製品などはスーパーマケットでも販売しています。定番、あるいは喜ばれるであろうお土産は上記ですが、購入に迷ったら、豊富な品ぞろえのお土産店「Kultura(カルチューラ)」がおススメです。SMショッピングモールのほとんどはこのお店があります。

品ぞろえは豊富で、キーホルダー、上記の定番土産は勿論のこと、民族衣装もインテリアもあります。包装もきちんとされており、お土産として渡すにはよいと思います。

「Kultura(カルチューラ)」もいいのですが、もっと買い物自体を楽しみたいと言う場合は、マニラ、キアポのマーケットに足を伸ばしてみるのもよいと思います。とりわけ、バック等の種類は豊富で、雑貨も見ていて飽きません。

しかし、値札がついていないので、物の値段をおおよそ知って交渉する力を持っていないと高くつきます。また、ひったくりが多く、雨が降ると容易に冠水してしまう地域なので天候とも相談し、現地の慣れた友人と共に買い物を楽しむのがよいと思います。

関連ブログ

フィリピンのお土産何にしよう-定番+喜ばれるお土産

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Subscribe