オランダ語学習:オランダ語学習で大切なこと

オランダ語学習で、とりわけこの合宿参加中に他の学生から学んだ大切と思われることを書きます。

ひるまず質問

ロシア人のクラスメートは、とにかく突っ込んだかなり細かい質問をします。オランダ語の特有の言い回しも、丸暗記ということをせず、納得する答えを先生がくれるまで質問をやめません。日本人は恐らく空気を読むので(汗)、授業の流れが乱れる!と、ちょっとしたことは授業中に手を挙げてまでは聞かないと思いますが、それはかなりもったいないこと。このロシア人のクラスメートほど、とは言いませんが、しつこいぐらい質問する心意気は見習いたいところです。
授業中の様子

友人に助けを求める

私のいる中級クラスでは既に単語数も多く、上級にブリッジするような人も入っています。先生に質問するのがベストでしょうが、学習者の目線から知識をシェアしてくれる友人に分からない時には助けを求めることも、学びを加速させることに繋がると思います。
生徒によって得意な分野もあります。同じクラスのフランス人の男性は、自国でドイツ語を教えており、文法がいつも正しいので、途中いくつかの単語が分からなくても彼の言うことは何となく理解が出来ます。
クラスメートはフレンドリーです :)

チャンスを見つけてはネイティブと話す


オランダ人は親切です(私はそう思います)。なので、学習者が話す拙いオランダ語も根気よく聞いてくれます。
アメリカから学びにきた参加者(恐らく50代か60代前半)は、とにかくネイティブを見つけては話をします。なので、彼女の発音は素晴らしく、外国人が話しているオランダ語には聞こえません。彼女の話すオランダ語は勿論完璧ではありませんが実際、オランダ人も彼女の発音を聞いて、ネイティブかと間違えるほど。

ネイティブと話す良さは、リスニング力が鍛えられるのは勿論ですが、イントネーションや身体の使い方、そして何よりも度胸を付けられることです。
授業の一環で、施設の受付でオランダ語で道を尋ねています

チュートリアルを活用する

毎日の授業は3時間ほど。何人かの学生は、チュートリアル(個別指導)を頼んでいます。一コマ(45分)25ユーロとお安くはありませんが、本気で学びたい、もっとオランダ語を上達させたい学生は事前に申請して、それらを利用しています。個別指導なので、自分の弱点に集中出来ます。
クラスメートで、オランダ人が旦那さんというカンボジア人の女性は、チュートリアルのレッスンをやっています。そのためか、はじめてのレッスンと比べて、彼女の会話と語彙力が上がっていることを感じます。何より、合宿が進むにつれて授業中に進んで発言することが多くなりました。

25ユーロ払うなんてもったいないから、オランダ人の友人と話をすればいい!と思われますが、オランダ人の友人曰く、友人との会話を愉しんでいる時に、文法や単語の間違いを指摘することなんてやりたくない、と言っていました。納得です。なので、チュートリアルで特に会話力をアップさせるというのは理にかなっていると思います。


無料コンテンツを最大利用する

これは、「オンラインオランダ学習コンテンツの紹介」で紹介しましたが、#learningdutchはおススメです。他にもいくつかオンラインコンテンツ(無料)を試したのですが、こちらがこれまで試した中で一番まとまっており、実践的に感じました。

オランダ語に限らず、これらは語学をまなぶ上で非常に大切だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Subscribe