一泊お見舞い申し上げます―フィリピンでの入院者付添任務!

義姉のお見舞いのため、マニラ市のとある病院を訪れています。実は、今その病室でブログを更新中です。

インドネシア~マレーシアの旅を終えて、旦那をビコールに帰し、私はマニラの義姉の家に向かいました。いつも通りの義姉に会えると思っていましたが、義姉の家に到着すると、甥っ子が「おかあさんは病院に搬送されて・・・」といきさつを説明してくれました。

甥っ子の説明によると、帰宅した義姉は意識不明になり、気がついた後は、ひどい吐き気に襲われ突然身体が衰弱していったといいます。

制限付けないと沢山人が泊っちゃうのですね。
近所の病院に行ったようですが、その後少し離れたマニラ市の病院に入院することとなりました。驚きの展開です。あんな健康でダンスなどをしてアクティブな姉が・・・

かなりドラマな展開に唖然とする叔母に甥っ子は整然と成り行きを説明。

流石に病院があるのはマニラもちょっとごちゃごちゃしたあたり+面会時間は9時までのため、それを知った日(昨日)は流石に面会には行きませんでした。

翌日、どれだけ具合が悪いのか気になり、心配になりお見舞いに行きました。病室に着くと従弟のお姉さんがおり、一晩付き添っていたことがわかりました。で、その流れで何故かそのまま私も付き添いで一晩病院に滞在することに。いやはや。

病院もある種フィリピン社会の縮図。義姉の部屋は4人部屋なのですが、家族で必ず一人は泊り介護者がおり8人。いや、けど斜め前のお宅、付添人2人連れていますよ。だから、ドアには付添人は患者一人に対して1人と書いております。(泊るの前提ですかね?)書かなかったら、家族一同泊っていた?

しかし、日本の病院設備で見かけるものはありません。緊急の時に押すボタンとか、基本的に付き添い家族が患者のニーズに応えます。下の世話だってします。

それ故にとても生活臭があります。ベットの枕もブランケットも基本は個人の持ち込み。
付添人の食事は各自持ち込み。隣のベットの人たちは近くで買ったらしい弁当を食べています。義姉のテーブルの上にはお菓子やら、色々・・・ここの病人、何食べてもいいのですねぇ。

健康保険のない一般的なフィリピン人、入院費の負担はかなり大きいのです。以前友人が病院に勤めていましたが、入院にかかる費用が払えないひとのための相談窓口だったといいます。

4人部屋(9名いますが)でも冷房は完備。一泊1,000ペソはします。食事なしですよ。で、その他検査費や諸々かかり、退院する時には数万ペソということに。

病院の費用を捻出するために土地を売るという人もいます。

今晩は、私は義姉の隣に添い寝。病気の時の旦那にもやってあげたことないのに(笑)冗談ですが・・・それにしても、狭い。密着度が半端ないです。

ベットも幅の狭い一人用。ここで私も義理の姉さんといっしょに寝るんですか?
彼女病人なのに・・・こんな窮屈な場所で寝せていいんですか?おーーーい。。。

こうして、フィリピンの初入院付添泊を体験したのでした。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

Subscribe