オランダ語学習:どんなところで生活するのか?―ドレンテの研修施設紹介

最短で2週間、最長で6週間研修を受ける学生がいる、オランダ語教室。
教室の雰囲気、先生、授業のコンテンツや教材も重要ですが、どんな場所で生活するのか、環境も大切です。

はじめて、オランダに来る人は、きっとアムステルダムの教室が魅力的に思われるかもしれませんが、私は自然が豊かで、のんびり過ごせるドレンテの環境をおススメします。

私が今回選んだドレンテの研修所は、元々研修施設というわけではなく、オランダ人が(時に外国人もですが、)夏をのんびり過ごす、Vakantiepark Het Timmerholtという保養所です。最寄りの駅(Beilan)から車で10~15分程かかります。駅から施設までは民家はまばらにしか見えません。

そういうと、人里離れたかなりさびしい場所を想像するのではと思いますが、特に夏の時期は緑が美しい、自然を身近に感じられます。先ほども居間から、リスが食べ物を探して庭先に訪れている姿を見ました。

施設の構造
施設内はvakantieparkの名前の通り、バケーションパークであるため、施設内は広く、池もちょっとした遊具施設、レストランや売店もあり、様々なアクティビティが楽しめます。

その中にロッジのような建物が点在しています。建物は大きく2通りあり、一軒家のつくりと比較的小さな家の連なる長屋(笑)のような建物とあります。我々が研修で使用するのは長屋タイプのもの(一軒家のタイプは12名収容可能、3日間の貸し切りで約800ユーロほど)。


長屋タイプの建物
生活空間
もし、プライベートで部屋を借りない場合は、1つの家(長屋の中の1つ)に4人でシェアとなります。キッチン、居間、トイレ・シャワーは共有。居間は4人が共有するには充分なスペースです。寝室は3部屋あり、一室だけ他の生徒とシェアとなりますが、私たちの場合は夫婦ですので、研修施設側も配慮してくれて、同じ部屋となりました。
私は最初はドミトリーのような場所を想像していたのですが、(事前によく、そのあたりをチェックしていなかったので)意外と個人の空間が確保されていて、驚きました。

宿泊施設の間取り(http://dutchsummerschool.nl/briefing-drenthe より)
共有トイレ・シャワールーム

居間
このあたりは恐らくこの夏のオランダ語研修のもう一方のオプションである、アムステルダムと異なるかと思います。

アクティビティ
カヌー、サイクリング、スイミング、テニスなどが出来ます。私は、カヌーを一緒に参加している旦那と楽しみたいと思っております。
ちなみにそれらのアクティビティはスイミングを除いて有料です。
一例として、カヌーは一時間3ユーロ。自転車は10ユーロ/一日、38ユーロ/1週間。
暑い日は、池でのスイミングも

貸し出し用の自転車
また、施設から10キロほどの場所にヴェステルボルク通過収容所や小さいながらも地域の博物館もあり、天気の良い週末には自転車で足を伸ばしてみることをおススメします。

生活のあれこれ

洗濯
洗濯は出来ます。受付で洗濯カード(20ユーロ)を購入します。洗濯機は一回の使用で3ユーロ、乾燥機は4ユーロします。なので、乾燥機を使用すると一回の洗濯につき7ユーロがかかります。洗濯カードの20ユーロを使いきらない場合は返却されます。
受付のそば、掲示板の後ろにひっそりある洗濯場

食事
基本は自炊です。キッチンには基本的な調理用具は揃っております。鍋、包丁など。※包丁がそうとう切れ味が悪いので、料理をしっかりしたいという人は包丁を持参?するか、街で購入するということになるでしょう。
共有キッチン
自炊なので最寄りのスーパーマーケットでの買い物となりますが、距離がありますので、買い物の時間が到着して間もなく、ない場合はインスタントなどを少々あらかじめ用意することをおススメします。近隣の町(買い物ができる場所)までは距離にして3キロ。買い物の所要時間は歩きであれば、2時間、自転車であれば1時間を見ておくのがよいでしょう。

時にBBQも行われます。準備と後片付けが少々手間ですが、他のクラスの学生との交流や情報交換の場所にもなります。

別のブログページも書きましたが、基本的な調味料は一切ありませんので、ちょっとしたもの(塩や砂糖)は、小分けにして自宅(オランダからくる場合は)から持参するという手もあると思います。また、一緒に生活する人とそうした基本的な調味料をシェアするということもありです。
レストラン

勉強や友人との付き合いに忙しい滞在となるため、しっかりした料理は滞在中はできないと思います。ただ、シンプルな食事に飽きてしまった場合は、上記に述べた施設内のレストランを利用することも可能です。施設にあるからと言って特別高いわけではありません。夕食でしたら、一人あたり15ユーロから20ユーロほどの予算となるかと思います。

インターネット
無料です。しかし、少々トラブルがあり、途切れたり回線のスピードが遅くなったりと滞在中に経験しましたが、そのあたりは施設側に報告するとすぐに対処してくれます。ですので、人里離れた場所にあるものの、あまり心配はいりません。

オランダ語の研修を検討中でしたら、自然を楽しみながら、勉強できるドレンテで!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Subscribe